FC2ブログ

プロフィール

ナァナァ☆彡

Author:ナァナァ☆彡
ナナで~す☆彡
万年彼氏募集中・・・((笑))

毎日、日記書くからみてね?
(ヾ(○・ω・)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪


月別アーカイブ


カテゴリ


カスタム!

あわせて読みたいブログパーツ


  • seo

アダルト ブログ ランキング参加中


ping 送信


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    
25才を過ぎて僕は正直、焦っていました。
何とか卒業したくて、出会い系に登録しました。

そして何人かの女の子たちとメル友になれました。
でも、僕は、実際に女の子に会うのにちょっとためらっていました。

そんな中で一人と人妻さんと知り合いました。
メールのやり取りだけでも彼女の優しさが伝わったきて、僕も自然と心を開いていきました。

そして彼女に自分が女性が苦手であることを打ち明けました。
すると彼女からこんな返信が。
「そんなに気にすることはないですよ。

僕は彼女の優しさに勇気をもらい、彼女と直接会う約束をしました。

待ち合わせ当日、彼女を待つ僕は当然、期待に胸を膨らませていました。

でも現実の彼女が現れ、後頭部をパイプ椅子で殴られたような衝撃が走りました。
ヤバイくらい厚化粧の、大柄で恰幅のいいまるでマンモスみたいな女性でした。

「あの……」僕は何とか帰る理由を必死で考えました。
でも彼女は、その腕を僕に絡ませて
「そんなに緊張しなくてもいいのよ」ってデカイ口を開けて笑い、そのままホテルに連れて行かれました。

ホテルに着いた僕は、腹をくくりました。
彼女のマンモス・オッパイを揉みまくり、彼女のマンモス・マンコを舐めまくりました。
そして彼女の山脈のような体を抱きしめながらイキました。

スポンサーサイト
[PR]


- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。