FC2ブログ

プロフィール

ナァナァ☆彡

Author:ナァナァ☆彡
ナナで~す☆彡
万年彼氏募集中・・・((笑))

毎日、日記書くからみてね?
(ヾ(○・ω・)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪


月別アーカイブ


カテゴリ


カスタム!

あわせて読みたいブログパーツ


  • seo

アダルト ブログ ランキング参加中


ping 送信


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    
他ブログでの体験談です。私は38歳です。私の行くパチンコ屋には2千円で抜いてくれる50過ぎのおばさんが居ます。ゴム付きフェラですけど、パチに行く時は毎回お世話になります。私以外にも結構お世話になっている常連さんも居ます。場所はおばさんの軽自動車の中です。車はいつも隅に止めてあり、おばさんに抜いて貰う常連さんは、その周りに止めます。夜9時になったら、おばさんと私を含め常連さん達はパチを止めます。私もパチをやらない日も抜き目的だけで行く時も有ります。一日10人前後いるみたいです。抜いて貰ってる時は必ず見張りが付きます。一人10分以内位です。おばさんも毎日居るみたいなので月60万位は稼いでると思います。先日おばさんに俺まだ童貞だから経験させてほしいとたのんだら、1万でいいよと言うで、やらせて貰う事になりました。全員抜き終わってから、ホテルに行き初体験を済ませてきました。

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

初めての女

俺の若い頃の話、20歳ぐらいまで童貞だった、毎日一人オナニーする日々
が続いていた、友達が来てはあの女好かったとか言う話を聞くと、ただ無性
に一度でよいから、女のオマンコに入れて見たかった。
そんな時に友達が、一人娘だがヤリマンが居るから、夜行って見ないかと誘
われて、喜んで二人でその家に行った。
遅くなって生まれたのだろう、両親はもうかなり年を取っている。娘はまだ
18歳位でした。両親は酒が好きだと聞いていたので、一升瓶を持って行
き、両親に進めて飲ませた、俺達二人は後のことを考えて、殆ど飲まなかっ
た、暫くすると両親が目をとろんとさせて来た。
そしてもう俺たちは寝るからと、寝てしまった、友達と俺たちももう遅いか
ら泊まろうと言って、娘を中に挟んで布団を敷いて寝た、明かりを消して暫
くすると、友達が娘の上に上がって腰を動かしている、やってるななあと隣
で見てると、友達が動かなくなり、娘の上から下りた、そして俺の手をひっ
ぱり上げれと合図をくれる。
女のオマンコがどこにあるのかも分からないけど、娘の股を割って中に腰を
入れて、チンポを股の中程に当てると、するっと入った、これがオマンコの
中、温かいと思う間もなく射精感が来た、あっと言う間の射精だった、童貞
を失うとはあまりにもあっけない幕切れだっつた。
それから友達と交代してやった、二回目ぐらいから、少しは長持ちするよう
になり、子宮の中に流し込む快感に浸った。
これが俺の童貞消失だった。今思えばあまり感激もない。
それから暫くしてその娘が妊娠して子供を産んだ。父親は誰か分からないと
言う噂が流れていたけど。その子供を連れてる所を一度見た事があるけど、
可愛い女の子だった。
ヤリマンだったから、男は特定出来ないけど、俺の子供の可能性も少しはあ
ると思った事もあった。皆さんのような感動のいある童貞消失出ないことい
が残念です(*^_^*)

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    

tag : 童貞

そして、俺に「お父さんありがとう、お休み・・」というとベットに入ろう
とした。

そのとき、自分は亜希子の両手を持ちベッドに押し倒した。そして、股を開
かせて、その間に入った。亜希子は抵抗するが、酔っているので、力が入ら
ないのでそのまま俺の下に組しかれた。俺は、キスをして口をふさぎ、ピン
クのブラをはずし、体の割りに大きい胸を吸い、揉んだ。そのまま、パンテ
ィーの中に指を入れて秘部をさわり、指でもてあそんだ。

亜希子は体を硬くしながらも、感じていた。そして、そのまま、自分の大き
くなったペニスを亜希子の中に挿入すると、腰を振っていた。

「亜希子、Oより気持ち良いか!良いだろ。」ゆっくり、そして激しく、亜
希子を突きまくった。

「い、いい~。あっ、あっあ~」と声を上げる亜希子の中に俺は発射した。

亜希子の股またの中から、白いものがたれてきた。


- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    

tag : 童貞

素人童貞続き

そんな話を聞いた数日後、社内で飲み会があり、亜希子が酔いつぶれるまで
飲んでいた。それで、俺は酒が飲めないので、車で行っていたので、社内の
メンバーは介抱を俺に負かせ、2次会や、帰宅していった。

そんな感じで、へべれけの亜希子を助手席に乗せて、俺は車を走らせた。し
ばらくいくとラブホテルがあったので、亜希子が寝ているのをいいことに、
中へ入っていった。

そして、駐車場に停めると、亜希子に「家に着いたよ・・」とささやき、へ
べれけのまま、部屋に連れて行った。

そして、ベッドに座らせると、亜希子は自分の部屋と思ったようで、ジャケ
ットを脱ぎ、水色にフレアのスカートを脱ぎ、白いブラウスを自分で脱い
で、上下そろいのピンクの下着姿になった。

そして、俺に「お父さんありがとう、お休み・・」というとベットに入ろう
とした。

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    

テーマ : 日記 - ジャンル : アダルト

tag : 童貞

素人童貞

俺は36歳まで、女性に縁が無かった。中学、高校時代から、何人もの女に告
白したり、交際を申し込んで断られていた。さすがに、25歳の時にソープで
童貞を喪失してはいたが・・。

そんな、俺が36歳の時に会社に入っていた22歳の亜希子に交際を申し込ん
で、断られた。亜希子は会社の偉いさまのコネで入社の、親が会社を経営し
ているお嬢様らしかった。顔もロリ系で小柄なタイプだ。

そして、ある日、会社の後輩のOというやつが自分にこんな話をしてきた。

O「先輩、この前、新入社員の亜希子とセックスしちゃいましたよ。あの女
まだ、バージンだったんですよ。遊びのつもりでいたのにな~。でも、あの
女の家金持ちだから、逆玉もいいっすね。」そんなOは世渡りがうまく、上
に受けもよく、出世していた。おまけに口先もうまく、いろいろ、社内外で
もいろいろな女で遊んでいた。

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    

テーマ : 日記 - ジャンル : アダルト

tag : 童貞

夏休み・・・

俺は中学のとき野球部に入ってたが、バスケ部のマネージャーと付き合っていた。童貞捨ては2年生の夏休みで、付き合い始めて3ヶ月目くらい。宿題を教えてもらいに俺ん家に来た彼女と親が留守だったのをいいことに、イチャつきまくった。途中で近所の自販機にゴムを買いに行って準備OK!エロ本の写真を思いだして必死にやってみた。出したあとは、二人ともガタガタ震えていた。使用済のゴムはトイレに流した。次の日は練習だったが、俺のモノは痛みを感じていた。彼女は3日間くらい痛かったらしい。使用していないゴムはエナメルバッグの底に隠して、3年のときに別れるまで、月イチくらいのペースでやった。高校に入ってからは付き合った彼女とはすべて経験。週イチでやった娘もいた。野球部にいた奴は童貞抜けるのは早いのかな?中学卒業のとき、野球部レギュラーで捨てていた奴は、俺の他に3人いたようだ。不思議と共通していたのは、短ランにボンタンなんかの太めのズボンを穿いて、天狗になっていたことと、高校に入学してから縛られることを嫌って、別の運動部に入ったことだ(笑)。大学生のいまでは、いい思い出!

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    
童貞というのが堪らなく嫌になって、出会い系で卒業しようと思ったのが運の尽きだったのかもしれません。

当時、僕は23歳で彼女がいませんでした。

学生時代に一人付き合っていた子がいたのですが、すぐ別れたのでキスすらしたことがありませんでした。

出会い系に登録して最初に人妻から連絡がきたので、その人と会ってエッチすることになりました。

アダルトビデオを見て研究していたのですが、本番は予想とは全然違っていました。

僕から攻めることができず、彼女に攻められっぱなしでした。

そこまではまだ良かったのですが、彼女のやりたいようにされるあ
まり、とても嫌な思いをすることになったのです。

それは、「自分のアナルを舐められる」ことでした。

舐められた瞬間は、それはとてつもなく気持ち悪く拒否反応を起こしたほどでした。

それ以来トラウマになってもう誰にもさせてません。

皆さんも早まりすぎにはご注意下さい。


- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    
25才を過ぎて僕は正直、焦っていました。
何とか卒業したくて、出会い系に登録しました。

そして何人かの女の子たちとメル友になれました。
でも、僕は、実際に女の子に会うのにちょっとためらっていました。

そんな中で一人と人妻さんと知り合いました。
メールのやり取りだけでも彼女の優しさが伝わったきて、僕も自然と心を開いていきました。

そして彼女に自分が女性が苦手であることを打ち明けました。
すると彼女からこんな返信が。
「そんなに気にすることはないですよ。

僕は彼女の優しさに勇気をもらい、彼女と直接会う約束をしました。

待ち合わせ当日、彼女を待つ僕は当然、期待に胸を膨らませていました。

でも現実の彼女が現れ、後頭部をパイプ椅子で殴られたような衝撃が走りました。
ヤバイくらい厚化粧の、大柄で恰幅のいいまるでマンモスみたいな女性でした。

「あの……」僕は何とか帰る理由を必死で考えました。
でも彼女は、その腕を僕に絡ませて
「そんなに緊張しなくてもいいのよ」ってデカイ口を開けて笑い、そのままホテルに連れて行かれました。

ホテルに着いた僕は、腹をくくりました。
彼女のマンモス・オッパイを揉みまくり、彼女のマンモス・マンコを舐めまくりました。
そして彼女の山脈のような体を抱きしめながらイキました。


- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    

童貞ランド

「童貞ランド」はイシジマツヨシが作成・管理しているウェブサイトです。以下のコンテンツがあります。 童貞喪失までの記録 - 管理人が童貞を喪失するまでの日々を記録したもの。いわゆるウェブ日記。

- 紹介 サイト -

☆童貞喪失90%以上☆
↓↓
童貞大好き



    

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。